食事の影響を受けにくいタダリス

最長で約36時間の効果

タダリスの紹介 | タダリスナビ

海外製のジェネリック医薬品 | 最長で約36時間の効果 | 性行為の3~4時間前に飲んでおくと安心

それに対して、タダリスは最長で約36時間効果が持続しますし、食事の影響を受けにくくなっています。
製薬メーカーの発表では、800kcalまでの食事であれば薬の影響は受けないことになっています。
牛丼の店の中盛りが675kclくらいで。
カレー屋のポークカレーが755kcalくらいなので、この程度の外食に抑えられれば、食べても効果は得られるということです。
ただし、脂っこいものは薬の吸収を抑えてしまうので、なるべくさっぱりした消化にいいものを選んで食べるといいでしょう。
軽い食事であれば、食事付きデートの後に性行為に臨むことも可能です。
デート後に飲むのもいいですが、この場合であれば事前にタダリスを飲んでおくという方法でもいいです。
効果は1日半続くので、デートの前の空腹時に飲んでおいて、薬の成分をしっかり吸収しておいて、デート後に性行為の臨むという使い方です。
性的刺激を受けない限りは勃起しないので、安心して使うことができます。